【ラインシステム強度テスト】懐かしの「セイカイノット」は果たして強いのか!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1522572516425..jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日は【2018年版】ラインシステム使用度ランキングのアンケートへの投票ありがとうございます♪

2000件を超える回答をいただきました。いつもご協力ありがとうございます。

さて、そういえばリクエストを頂いていながらまだテストしていないノットがありました。

「セイカイノット」です。昔からジギングをやっていた方にはおなじみのノットではないでしょうか!?

最近見かけることは減りましたがまだまだ愛用している方もいらっしゃるようなので、テストしてみました。

まずはラインシステム使用度アンケートの結果を発表!!

無題

ノットの人気投票にもご協力ありがとうございます。

前回やった800件を大きくこえる、2200件を超える投票をいただきました。

こうやってアンケートの結果をみると、FGノットの勢力(前回58%→今回59%)、PRノットの勢力(前回31%→今回31%)とほとんど2年前のアンケートと同じです。

SFノットが前回1%→今回5%と利用者数が大きく増えています。そういえば強度100%が発覚してから、SFノットに換えてみたという方も何人かいらっしゃいました。

やはり人気は「FGノット」で、約60%近い方が使っているようです。

慣れれば簡単に結べて、キャスティングにもジギングにも使える汎用性が人気の秘密でしょうか!?

続きまして、強度100%を発揮するPRノット、SFノットと続きました。

強度よりも、ノットがコンパクトで汎用性が高いノットが人気なのでしょうか。

セイカイノットはご存知ですか!?

昔のジギングや釣りのノットの本では、PEとリーダーの接続の項目は必ずこの「セイカイノット」が使われていたような記憶があります。

摩擦系のノットが開発されてから目にする機会は減りましたが、ノットはやはり慣れているものを使うのが一番ということで、まだまだ愛用されている方も多いようです。

PEのダブルラインはミビニツイストで行い、セイカイノットをするというのが、定番中の定番でした。

wp-1522572516355..jpg

実際に結んでみると、かなりノットが小さいですね。

ガイドの通りはよさそうです。

ただ、PEラインとフロロカーボンの設置面積が少ないので、多少不安も残ります。

一体どのくらいの強度なのでしょうか!?

wp-1522572516425..jpg

というわけで、さっそく結んでテストしてみましょう。

ラインはPE2号で、フロロカーボンは8号を使います。

PE2号なのですが、過去の実験の時とは銘柄が違い、新品に近いものなのでPE単体で引っ張ると10kgくらいの数値で切れます。

(PE2号なのに10kgで切れるのは、ドラグチェッカーにかけるには細すぎるため誤差がでるためです、実際はもうすこし強いようです)

セイカイノットは強いのか!?

5回ほどテストしてみました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度(参考記録)
1 9.5 95%
2 5.5 55%
3 8 80%
4 10 100%
5 8 80%
平均 4.1 82%

こんなに強いと思っていませんでした。1回だけ10kgを記録したこともありました。(1回だけ失敗しているのは後述)

思ったより強度が出ます。ジギングで問題がでることはなさそうですね。

wp-1522572516314..jpg

一つ気になる点がありまして、バラツキがけっこう出たことと、1回だけ失敗してしまったことです。

強度がちゃんと出ているときは、PEラインとリーダーの結束部から切れます、それもPEではなくフロロカーボンが切れました。

PEをダブルラインにすると強いことは、なんとなく感じていましたが、意外な結果です。

どうしてバラツキがでるのかということと、失敗したときのことを考えます。

wp-1522572516378..jpg

失敗してしまったときは、リーダーがPEラインからスッポ抜けました。

すっぽ抜けるときは、だいたいが摩擦が弱すぎるか、締め込みが悪いときです。

wp-1522572516407..jpg

キモは巻きつけと、ダブルラインになっているPEが均等になっているかによるようです。

説明に有るとおり、かならず8回以上巻きつけることです。

適当に巻きつけてはいけないようです、巻き付けを減らすと弱くなりました。

また増やせば強くなるかなと思いきや、10回を超えてくるとだんたん締めこむときに、PEラインのループの左右が均等になることが難しくなってきます。

また、PEラインのループを締めこむとき、2本あるラインのどちらかが張っていてどちらかが緩いということになると、その箇所から緩んですっぽ抜けるようです。

セイカイノットを結ぶときは、ダブルラインが均等になるように、しっかり締めこむと良いようです。

また、その後のリーダーでのユニノットもしっかり締め込みをすることが、強度の秘訣のようです。

今回のアンケートで、FGノットとPRノットの利用者数の合計が90%とやはり摩擦系ノットが圧倒的人気ですが、世の中にあるいろんなノットの強度を測って数値化、ノットの強度表を作ってみたいと思います♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索