100%強度の新FGノットは「PEライン同士」の結束でも100%?検証してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1598082499642.jpg

おはようございます、しょうへいです。

結束100%が確認された「新FGノット」について、PEライン同士をつないで結束しても100%なのか?リクエストを頂きました。

下巻きにもPEラインを使ったり、短くなってしまったPEラインを連結して使ったりするいがい、短くなったあまりPEライン同士を結束しようとする機会はないかもしれませんが、実際に結束しようとするとなかなか大変です。

レックスノットを改良した「新FGノット」なら100%結束できるのでしょうか!?

ちょっと検証してみました。

PEライン同士を「新FGノット2020」で結束してみる

wp-1598082499651.jpg

「新FGノット2020」の結び方はこちらを参照してください。

仮止め・締込み・ハーフヒッチ不要!超コンパクトな100%強度の「新FGノット」が完成!

これは編み込みまで完成したところですが、PEライン同士を結ぶとなると柔らかいので難しいですね……。

ラインに張りがないので、1つ1つちゃんと詰めて結ばないと崩れてしまいます。

wp-1598082499647.jpg

編み込み+巻き付けまで結んでみました。

やってやれなくはないようです。

編み込みは8セット、巻き付けも8セットで結んで最後にハーフヒッチで留めています。

焼きコブは作ることができません、PEは2号を使っています。

これで強度を計ってみたいと思います。

使っているPE2号は1度も釣りで使ったことがないもの。

ドラグチェッカー15㎏モデルで計ると11㎏くらいの強度がでるものです。

(ラインが細すぎて弱く見えますが、実際はもう少し強い糸です。仮に11㎏を100%として計算します)

wp-1598082499637.jpg

結果は4㎏くらいですっぽ抜け。

焼きコブもありませんし、ラインが柔らかいので締め込みもうまくできません。表面も滑りやすい8本撚りのものです。

新FGノットは締め込みを行わない結び方なので、負荷をかけると自動的に締まっていきますが、締まる前に抜けてしまうようです。

wp-1598082499620.jpg

焼きコブが無理ならということで、先ほどと同じ方法で作ったPE同士の新FGノットのハーフヒッチを加えます。

芯になっているほうの端糸を、結びつけているほうのPEの本線にハーフヒッチをしてみました。

6セットほどやってみました。これで多少はノットが滑っていくときのストッパーになります。

wp-1598082499609.jpg

今度は、9.5㎏くらいの耐力が出ました。

率にすると85%ほどの結束強度です。

かなり前ですが、PE同士をFGノットで結束したことがあります。

「PEライン同士」をFGノットで結合した時の結束強度を測定してみた!

そのときの結果が65%でしたので、いわゆる従来のFGノットよりは強度がでてはいます。

今のところ、PEライン同士を100%で結束しようと思ったら、PRノットや間にショックリーダーをスペーサーに利用するほうが強度は出ます。(けっこう結ぶの大変なのですが)

結束の難易度の割には、まぁまぁの強度が出たなと思います。

リクエストありがとうございました♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索