同じ重さで短く!? beatから新発売のメタルジグ「Kai」のフォールがヤバい!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

86320744_3593397490732475_6058291562759061504_n[1]

おはようございます、しょうへいです。

春になって新製品の発売が増えてきましたね♪

beatの2020年新製品ジグ「Kai」がリリース目前という情報をキャッチしました。

こちらのジグ、フォール中の動画があるのですがかなりヤバいです。もちろんいい意味です。

大注目のkaiの情報をチェックしてみたいと思います。

引きは軽いのにフォールは長時間!?beat「Kai」

83172649_3570161559722735_990664885773795328_o[1]

「Kai」(カイ)はどちらかといえばショートボディのメタルジグです。

水平姿勢がすごく長いという特徴があるそうです。

見た目はボディ側面の真ん中がへこんでいるようなデザインのジグです。

o3ykxS4X

形から同じくbeatの「Both-F」(ブースF)を思い起こします。

「Both-F」はレギュラーな長さ、「Both-F SL」(ブースFセミロング)はその名の通りセミロングのジグです。

軽い使い心地なのに簡単に水平フォールする、トリッキーな動きはどちらのジグも青物に特によく効く私の中のエースジグです。

使い込みすぎて塗装がボロボロになるほどです。

kai

動画からのキャプチャですが、その「Both-F」と比べると、同じ重さながら、結構短い形になっているようで、2/3強くらいの長さになっているようです。

「Both-F」と「Kai」を合わせてシルエットの違いでの使い分けのバリエーションが増えそうです♪

短くなったことで潮を受ける面が少なくなるので、潮の流れに強くなるというメリットがあります。

潮が早いときや二枚潮などの難しい状況でも使うことができそうです。

加えて、更に引き抵抗は軽くなっているようで、かなり扱いやすそうな感じがします。

そして注目はフォールです。

動画の1分くらいから水中姿勢の映像がはじまりますが、かなり水平姿勢が長く感じます。

水平になりながらも左右に揺れてふわふわと落ちてフラッシング様子は、かなり「釣れそう」な感じしかしません♪

厚みが増したことで、フォール中の水押しが強くなり、実現した動きだそうです。

92381538_3780926345312921_4122512393286713344_n[1]

ウエイトと価格は以下の通りです。

weight price
■80g 1450円(税別)
■100g 1600円(税別)
■130g 1800円(税別)
■160g 2000円(税別)
■180g 2150円(税別)
■200g 2300円(税別)
■220g 2400円(税別)
■250g 2500円(税別)
■300g 2850円(税別)
■350g 2950円(税別)
■400g 3100円(税別)
■500g 3500円(税別)
■600g 3850円(税別)

一番軽いモデルで80g、最大で600gと近海のライトな釣りから中深海まで対応してくれています。

お手頃な価格でカラーは12色。私は大量購入の予定です♪

発売直前ということで、店頭で見かけたらチェックしてみてください♪

beat「Kai」 Kai http://www.beat-jigging.com/product/kai.html

アンバージャック(動画) http://www.amberjack.jp/

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索