ワイヤーリーダーや太い先糸使ってる?貴方のサワラ狙いのリーダーセッティングは?

Pocket
LINEで送る

15966423_1296301680445016_55050819_o[1]

おはようございます、しょうへいです。

以前、マージャンの「何を切る?」のような形式で、状況によってどのようなタックルを選ぶのかアンケートを交えた企画をしたことがあります。

【どんなタックルを選ぶ?①】青物ジギングに使うタックル リール編

今回は、私がちょっと気になることがあったので、同じように1つシチュエーションを設定して、皆さんがどのようなタックルを選択するのか?アンケート形式で答えてもらおういう企画をしてみたいと思います。

サワラが混じる海域でのリーダーのセッティングは!?

DSCF0916[1]

私のホームフィールドである、福井県の敦賀周辺でサワラ交じりのサゴシジギングが盛り上がっていますので、そんな歯モノ系に関するシチュエーションです。

サワラ・サゴシが混じって釣れるような状況で、キャスティングもジギングもどちらでも釣れる。という状況です。

キャスティングは小さいミノーやジグミノー、ジギングは80gくらいのライトジギングがメインです、どちらもPE1.5号から2号くらいのPEラインが道糸になります。

サワラ・サゴシは歯が鋭く、フロロカーボンのリーダーもスパッとやられてしまうことがあります。

かといって、リーダーを太くしたり、ワイヤーにしたら食いが落ちるのではないかと考えてしまったり、キャスティングでは飛距離に影響がでてしまいます。

この様な状況で、皆様はどのようなリーダーセッティングを行いますか!?

質問①サワラジギング、ショックリーダーは何を使う?

まずは、ジギングの場合を考えてみます。

ジグは80g、水深は浅ければ20mほど、深くても40mほどです。

道糸はPE2号前後を使ったライトジギングです。

それではお願いします。

リーダーはどのくらいのものを使う(サワラジギング)?

  • 40~50lbのリーダーを使う(先糸なし) (30%, 206 Votes)
  • 細いリーダー+太いリーダー(50lb~70lb)を先糸として使う (20%, 135 Votes)
  • 30lb以下のリーダーを使う(先糸なし) (15%, 104 Votes)
  • 細いリーダー+太いリーダー(80lb以上)を先糸として使う (12%, 83 Votes)
  • ワイヤーリーダーを使う (10%, 68 Votes)
  • 50~60lbのリーダーを使う(先糸なし) (8%, 54 Votes)
  • 70~80lbのリーダーを使う(先糸なし) (3%, 19 Votes)
  • 90lb以上のリーダーを使う(先糸なし) (1%, 9 Votes)

Total Voters: 678

Loading ... Loading ...
  • 約2日で回答できなくなります
  • 2日後からは結果のみ表示されます
  • 回答いただけると途中結果が表示されます

質問②サワラキャスティング、リーダーは何を使う?

キャスティングの場合です。ロッドは7f前後のライトキャスティングタックル

ルアーは30g~40gのプラグ、ジグミノー、ジグを投げるものとします。PEラインは2号です。

けっこうナブラがあり、食い気がある状態とします。

リーダーはどのくらいのものを使う?(キャスティング)

  • 40~50lbのリーダーを使う(先糸なし) (38%, 205 Votes)
  • 30lb以下のリーダーを使う(先糸なし) (20%, 109 Votes)
  • 細いリーダー+太いリーダー(50lb~70lb)を先糸として使う (12%, 67 Votes)
  • ワイヤーリーダーを使う (10%, 56 Votes)
  • 50~60lbのリーダーを使う(先糸なし) (8%, 43 Votes)
  • 細いリーダー+太いリーダー(80lb以上)を先糸として使う (6%, 33 Votes)
  • 70~80lbのリーダーを使う(先糸なし) (4%, 21 Votes)
  • 90lb以上のリーダーを使う(先糸なし) (1%, 8 Votes)

Total Voters: 542

Loading ... Loading ...
  • 約2日で回答できなくなります
  • 2日後からは結果のみ表示されます
  • 回答いただけると途中結果が表示されます

選んだ理由などをコメント欄などで教えてください♪

回答にご協力いただき、ありがとうございました♪

このほかにも、コダワリの方法を持っている方もいらっしゃると思います、

また、どうしてこのようなセッティングにしているのか、意見が割れる部分もあると思います。

コメント欄などで教えていただけると幸いです♪

デジタル魚拓権利1回プレゼントの当選結果のお知らせ

先日、行いましたプレゼント企画の応募ありがとうございました。沢山の方のご登録ありがとうございます!

システムの不具合により、ユーザー登録はしたけど、応募ができなかった方もいらっしゃると思います。
※Androidアプリから応募が出来ない不具合あり ※現在、アプリのバージョンアップで解決済み

今回は、初めてですので、ユーザー登録された方、全員から抽選させていただきましたので、不具合のあった方も抽選対象となっています。

当選者をhttps://www.jigging-soul.com/7880に記載しましたので、応募いただいた方は結果をご確認ください♪

これからも、プレゼント企画を増やしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. ジグ、プラグ共に40〜50を選びましたが、サワラは急なストップアンドゴーでなくても食ってくるので、アクションでミスバイトを減らします。僕がワイヤーに替えると、それが理由かはわかりませんが、必ず食いが止まります。それよりも、ロストしても精神的なダメージの少ない、低価格か、あまり出番のなくなったルアーを使うことのほうが悩みが少ないと思います。

  2. 通常と同じリーダーと太さということで40~50lbを選択しました。切られる時は太くても切られますが、そこまでブチブチ切られた経験はないのでワイヤーは使いません。
    ゾウアザアラシさんと同じく、いざ切られた時にロストしても懐が痛くないジグやプラグを使います!

  3. ブリメインのジギングで水深60-80m。サワラが混じる時は中層迄しゃくり上げて狙います。リーダーそのものはいつもと一緒ですがアシストフックのラインをワイヤー入りのものに交換したりします。

  4. 40~50lbで先を折り返して2重にして使ってます(^^)/
    柔らかめのラインを使うとワイヤーよりはルアーの動きを妨げない気がします(^◇^)

  5. 乗り合い船に乗った時にワイヤー等使用すると、お祭りしたとき同船者のラインを切ってしまう恐れがあるためあまり強いシステムは組みません

  6. リーダー8〜10号、その先にナイロン80〜100ポンドです。
    アシストはザイロンの最太、ガマカツ貫4〜5号
    船長推奨はリーダー10号、ファイティングリーダー100ポンドです。
    これはワイヤー、格ポンドを何年も毎日テスト繰り返した結果との事。
    実際80ポンドだと切られます。
    100ポンドより上を使うと食いが落ちます。
    私も色々試しましたが60ポンドも100ポンドも反応は変わらなく感じています。
    ベストバランスだと感じています。

  7. 鰆のジギングでは60ポンドのリーダーを使います。
    ジグへのアプローチは大き目のソリッドリングとスプリットリングで接続します。
    (ジグとリーダーとの距離をとるため)
    リーダーとソリッドリングはチューブノットで、芋虫ノットはハーフヒッチで編み上げてその上から熱収縮チューブで保護しています。
    また、アシストフックのラインはY社のメタルインタイプを使っています。
    太刀魚用のワイヤー等々もテストしましたがフッキング率が悪いようです。
    今のところは上記のシステムで鰆カッターにやられていません。
    運が良かっただけかも知れませんが・・・(笑)

  8. 佐世保ではサゴシが跳ねている所(ナブラ打ち)にJakson Pin tail 7cm 20gを投げ込めばほぼ確実に食います。 PE1号 リーダーフロロ5号で十分。 心配するほど切られたりはしません。去年はさっぱりだったが11月になれば1日で50匹くらいはやろーと思えば釣れる。 

コメントは閉じられました