実はめちゃ簡単!? 3本針や4本針タイラバフックの作り方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1554464706875.jpg

おはようございます、しょうへいです。

そろそろ春のタイラバシーズンではないでしょうか!?

タイラバのフックといえば、最近は3本や4本の針が多く使われてています。

タイラバの竿やドラグ設定では大きな針で硬いマダイの口を貫くのが難しく、顔周辺に多点掛けをしたほうが、大きなマダイでも獲りやすいそうです。

今回は3本針、4本針の作り方をご紹介したいと思います。

2つの結び方さえ覚えれば作れる!タイラバフック

wp-1554464706897.jpg

タイラバフックの基本的な作り方は、シーハンターとマダイ用のフックを用いた作り方です。

シーハンターは5号程度の細いもので、マダイ針は小さく刺さりの良いものがオススメです。

外掛け結びの結び方

引用元:シーガー 「外掛け結び」 http://www.seaguar.ne.jp/knot/harris/harris_1.html

長めにとったシーハンターの両端に、外掛け結びで針を結び付けます。

必要なら少し接着剤を垂らしておきます。

wp-1554464706637.jpg

できたフックを丸結びしてしまえば、タイラバフックの完成です。簡単ですね。2本針ですが。

※本来はもう少し細いシーハンターを使い、ラインの長さはヘッドの長さより長くしたほうがいいのですが、説明の写真のために太いシーハンターで短く作っています。

さて、これを3本針にします。

3本針にする場合は、両端にフックを結んだシーハンターを丸結びしません。

wp-1554464706715.jpg

両端に針を結んだものと別に、もう一本、片方だけに針を結んだものを用意します。

wp-1554464706788.jpg

あとは「両端にフックを結んで折り返したもの」と、「片方にしか針を結んでいないもの」を束ねて丸結びします。

wp-1554722025483.jpg

3本目のフックのラインは余ってしまいます。

余ったラインはメインのラインにハーフヒッチで1.2回結んですっぽ抜けを防止します。

その後で余ったラインをカットすればOKです。

wp-1554464706875.jpg

 

「外掛け結び」と「丸結び」の2つの結び方だけで、簡単に3本針のタイラバラインが完成しました。

同じ方法で「両端に針を結びつけたシーハンター」2つでやれば、4本針のフックの完成です♪

wp-1554722025006.jpg

4本針の場合は、両端にフックを結んだものを2セット用意します。

wp-1554722025264.jpg

こちらも束ねて丸結びをしますが、ループが2つできてしまいます。

wp-1554722025100.jpg

片方のループは切ってしまい、これもメインのラインにハーフヒッチですっぽ抜けないようにしておきます。

wp-1554722025315.jpg

4本のフックが完成しました。

さて、ここからは後付できるフックの作り方をご紹介します。

あとからフックの数を足せる後付フック

wp-1554464706831.jpg

シーハンターを適当な長さに切り、片方に針を結びます。そしてもう片方はチチワにしておきます。

wp-1554464706741.jpg

これをすでに完成しているタイラバフックにチチワ掛けをすると、後からポン付けで針の数を増やすことができます。

チチワ掛けは、束ねるために作った結び目の上に掛けます。

こうすることで、締まってしまえば下にズレることを防いでくれます。

後からいくらでもフックの数が増やせます、今日ななんだか喰いが浅いな~というときにオススメですよ♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索