【新発売】beatのNEWメタルジグ Vscale「ブイスケール」ウロコ付きって?使い方は?

Pocket
LINEで送る

DSCF0966[1]

おはようございます。しょうへいです。

大阪フィッシングショーで発表されていたbeatの新ジグ「Vscale(ブイスケール)」。

早いところではすでに店頭に並んでいるようですが、いよいよ今週発売となりました!

私も地元の釣具店で発見しましたので早速購入してきました。

これまでのbeatにはない、特徴のあるメタルジグのようですよ!?

側面のウロコで水圧をコントロール!?beat Vscale「ブイスケール」

DSCF0968[1]

今週発売されたbeatのNEWメタルジグ Vscale以下Vスケールですが、なんといっても特徴あるのは「ウロコ」です♪

ジグの側面にウロコのように規則正しい溝が刻まれています。

DSCF0970[1]

「Vscale(ブイスケール)」の特徴でもあるこのウロコですが、このウロコがジャーク時の摩擦を軽減してくれるそうです。

しかも、ジグが横を向いてフォールするときは、ウロコが逆に抵抗になることで、滞空時間が上がるそうです。

ウロコの溝の入り方(向き)がキモになっているようですね!?

うろこ状の溝でジグの動きをコントロールするメタルジグはこれまで見たことがありません。

ジャークは軽く、フォールはゆっくりと理想的な効果を発揮してくれるそうです♪

DSCF0971[1]

水平姿勢になったあとは、ヒラをを打つフォールをしてくれるようですが、背中面はシルバーをベースとした反射の強いカラーが入っています。

ウロコ面の鈍い反射と、背中面の強い反射光。

その二つがランダムにキラキラとフラッシングしてくれることで、強いアピール力を発揮します。

使い方としては、スローピッチの要素は取り込んでいるそうですが、ハイピッチでも活躍してくれるよう設計されているそうです。

まずは、フロントにアシスト1本で使ってみたいと思いますが、スローピッチジャーク用にリアにアシストを付けても使えるということですので、いろいろ使い方に幅がありそうです。

スーパーライトジギングクラスに使える30g・45g・60gをはじめ、ライトジギング、通常のジギングといろいろ使える80g~200gまでの9サイズがラインナップされています。

30g/45g/60g/80g/100g/130g/160g/180g/200g

これだけのサイズ展開があれば、幅広いフィールドや使い方で活躍してくれそうですね。

カラーは上の写真の8色が展開されています。

特にイワシがベイトの時におすすめだそうですので、これからのシーズンは期待できるメタルジグですね♪

beat
http://www.beat-jigging.com/index.html

 

 

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. すでに廃盤になっていますが、ブリッジのスキッドの初期モデルが同じようなウロコ系ジグです。ウロコについては、当時も摩擦軽減&左右非対称を謳っていましたので、恐らく同じデザイナーさんと思料。塗装がはげにくいのが特徴でしたので、これもそうなら良いですね。前述スキッドは、ワンピッチは鉄板、スローにも有効なので、いまでも第一線で投入しています。

コメントは閉じられました