【考察】速巻きパターンに向いているメタルジグの形状とは?

おはようございます。会長です。

昨日、釣りに行って疲れて、ついつい寝てしまったので、早起きして釣り部屋で釣り道具を眺めながらネタを考えてたら、ヒラメキました!

余裕があると、な〜んも思いつかないんですが、結構ギリギリの方がひらめくんですよねw

メタルジグって、いろいろな形状があり、それぞれ動きの目的があると思うのですが、速巻きパターンに特化しようとするとどんな形状のメタルジグがいいんでしょうか?ちょっと考えてみました。

Read more

ジギング船に付いている「スパンカー」は何の為にある?

おはようございます。会長です。

昨日は、久しぶりに自分のボートで釣りに出ました。

昼までは、風もなく平穏な海だったのですが、午後から少し風が出てきました。

そこで、スパンカーを出した(帆を張った)のですが、「これを明日のネタにでも」と写真を撮っておきました。

ということで、今日は「スパンカー」に付いての話題でいきたいと思います。

Read more

潮汐を意識して釣りに挑もう! 満潮・干潮による潮の動きと釣りの関係とは?

おはようございます。会長です。

皆さんは、潮汐を意識して釣りに行っていますか?

潮汐は(ちょうぜき)とよび、潮の満干(満潮・干潮)のことを指します。

今日は、潮汐がどう釣りに関わっているのか、改めて考えてみたいと思います。

Read more

深場では想像以上にメタルジグは動いていない!? 残りのラインと巻き上げ長さの関係とは?

おはようございます。会長です。

昨日のことですが、ひょんなことから「リールの糸巻き量と1回転あたりの巻き上げ長の関係」について、計算する機会があり、なかなか面白い結果が出ましたので、皆様にも共有したいと思います。

Read more

「電動ライン巻取り機」の自作方法② – 足踏みペダル(フットスイッチ)装着編 –

おはようございます。会長です。

前回、「電動ライン巻取り機」の自作方法① – 電動ドリル固定編 –で、電動ライン巻取り機を作りましたが、今回はその巻取り機を足で操作できるように足踏みスイッチ(フットスイッチ)を付けたいと思います。

皆さんも手に入りやすいように、ネット販売で買えるものを探してみました。

Read more

電動リールや探見丸用の「12Vバッテリーの残量」を調べる方法

おはようございます。会長です。

以前もちょろっとお話しましたが、最近電子工作にハマっていまして〜。先日、太陽光発電をやってみた時に、バッテリーの残量を調べる方法を知りました。

電動ジギングする人はよくあると思いますが、釣りに行く前日に「そういえば、バッテリー充電してあったかな?」とか「前の釣行であまり使わなかったけど残量どのくらいあるんだろう」など、バッテリーの残量がわからず不安になることがあります。

ちなみに私は、バッテリーは「探見丸の子機」に使っていますので、とくに残量は気になります。

ということで今日は、バッテリーの残量を調べる方法をご紹介したいと思います。

Read more

ヘッドやフックを簡単に交換できる!?「遊動タイラバの結び方」

おはようございます。会長です。

タイラバシーズンも真っ盛りですので、今日もタイラバの話題を一つ。

今回は遊動タイラバの結び方についてです。

もうやられている方も多いと思いますが、4,5年前に遊漁船の仲乗りさんに教えてもらった結び方が、便利でず〜っと使っていますので、ちょっとご紹介したいと思います。

Read more

意外と奥が深い!? オフショアで一日「ジギングサビキ」で通してみた!

DSCF0221[1]

おはようございます、しょうへいです。

先日はジギングサビキ、インチク、タイラバのアンケートにご協力ありがとうございました♪

その中でも「ジギングサビキ」は意外と好意を持たれているようですね。

一昨日の日曜日にジギングに行きました、あえて1日「ジギングサビキ」を通してみましたので、久しぶりに釣行記を書いてみます。

意外とコツがいる!?真剣にやってみると、意外と奥深い世界なのかもしれません。

Read more

メタルジグのホログラム張り替え① 塗装を100均のアイテムで簡単に剥がす方法

おはようございます。会長です。

先日、九州に遠征に行ったのですが、その時に買っていったメタルジグがもうズタボロ。

何匹かブリを釣り上げたのですが、船上で暴れてメタルジグがデッキ上にガチガチ当たるからか、塗装が剥がれてきました。

折角なので、ホログラムの張替えをしてみたいと思うのですが、先日、読者の方から「100円ショップのアイテムで塗装を簡単に剥がす裏技」をご紹介いただきましたので、今回はその裏技をご紹介したいと思います。

Read more