100%強度を達成した「SFノット」は細いラインでも強いのか試してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます、しょうへいです。

リクエストを頂きました。タイラバやマイクロジギングなど「細糸ではFGノットよりもSFノットを良く使う」ということで、細糸でのSFノットの強度を検証してほしいとのことです。

確かに、SFノットは過去の検証でも強い強度がでました。

また、ライトラインであれば、リーダーも細いのでSFノットが比較的簡単に作れます。

実際に試してみました。

SFノットはすっぽ抜けないノット!?

SFノットは、すっぽ抜けがないノットとして有名です。

近海のジギングはもちろん、中深海で使っているという方も聞いたことがあります。

アンケートでは使っている人が1%と少ないものの、過去の検証では、FGノットよりも強く、2号では100%強度という結果が出ています。

すっぽ抜けなくて強いとウワサの「SFノット」の結び方と強度実験

 

SFノットの結び方

sf

(引用元:シーガー http://www.seaguar.ne.jp/knot/lines/line_4.html

結び方は途中まではFGノットと同じで編みこみをしますが、最後にショックリーダーでPEラインごとユニノットを施します。

思ったより結び目も小さいので、意外とガイド抜けが良いノットですが、ライトライン使うようなガイド径の小さなロッドでキャストする場合は、少し気になるかもしれません。

飛距離の検証もいずれやってみたいと思います♪

wp-1514368941952..jpg

できたノットを、おなじみの強度検証セットを使い、何kgで切れるのかを試してみます。

PEラインは0.8号、リーダーはフロロ4号で試してみました。

細いラインでのSFノットの強度とは!?

FGノットのときは、だいたい3.75kg~4kgくらいの力で切れていました。

SFノットも同じように3回試してみました。

回数 切れた負荷(Kg)
1 4
2 4.25
3 4
平均 4.1

おおっ

めちゃくちゃ強くなったというわけではありませんが、FGノットよりもワンランク強くなっています。

ノットも安定しているように思います♪

数値が小さくなったせいか、細いラインだと差が小さいですね。

wp-1514368941927..jpg

切れるときはかならず、ユニノットを組んだリーダーの前で切れます。

このノット、ラインが太いと結びにくいんですが、リーダーが細いのでSFノットでも結び易く感じました。

キャスティングではFGノットの方が良さそうですが、ガイド抜けなどを気にしないジギングではSFノットの方が強度が強いぶんいいかもしれません。

使い分けると良さそうですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索