舐め舐めはイヤ!? 滑りの悪いノットには「ワセリン塗り塗り」がおすすめな件

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1551861742010.jpg

おはようございます。しょうへいです。ライトライン連続シリーズです。

前回、締めこむときに熱が入ってしまったノットは強度が落ちてしまうということを確認しました。

対策として、唾で濡らしてから締めこむというのが、昔からセオリーだといわれています。

そんな熱対策ですが、仲間から「あんまりベロベロに舐めたくないから何か良いアイテム探して」と言われました(笑)

確かにべったべたになるほど舐めるのはどうかと思いますが・・・・・・。

以前、ノットの締め込みに有効だとわかったワセリンで試してみます。

ワセリンは締め込みバッチリ!?

DSCF1345[1]

以前、ワセリンを使って締め込みを行うとノットが1割強度UPするという記事を書いたことがあります。

そのときのノットはユニノット、そしてラインはフロロカーボン8号でした。

このとき使ってみた感想は、締め込みがグッっと入るのでノットが完璧に決まり易いという感じでした。

ライトラインでノットを組むときの摩擦で生まれる熱対策になるかどうかは未検証です。

wp-1551861742027.jpg

というわけでやってみましょう!

フロロカーボン4号でパロマーノットを組み、わざと擦れるような締め込み方をします。

そのとき、唾で濡らすのではなく白色ワセリンを塗っておきます。

おそらくリップクリームでも効果は同じだと思います。(主成分がワセリンなので)

実際にタックルボックスに入れておくのも便利なのでオススメです。

あとは出来たラインを切れるまで引っ張って強度を見ます。

ラインはフロロカーボン4号、ドラグチェッカー15kgモデルには少し細いのでライン単体で7kgで切れます。

(ラインが細糸誤差が1割ほど出ます)

これを100%として計測してみました。

ワセリンの効果やいかに!?

5回試してみました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 6.5 93%
2 6.5 93%
3 6.5 93%
4 6.5 93%
5 6.5 93%
平均 6.5 93%

わざと擦れるように結んだにも関わらず、元通りの信頼できるノットになりました!!

締めこんでいても、ラインが擦れる感触がなくスルスルっと結べるので逆に結びやすく感じます。

締め込みもグッと入るのでバッチリ決まります。ノットによっては強度UPするものもあるかと思います。

wp-1551861741996.jpg

擦れるように締めこんだにも関わらず、ラインがヨレヨレになったりしていません。

ラインへのダメージが軽減されているようです。

ヌルヌルするからすっぽ抜けるかな?と思いましたが、もともと抜けることはないパロマーノットなのでその点は大丈夫なようです。

ノットにワセリンは効果アリ!!でした。

タックルボックスに入れておくには、コンパクトでお求めやすいチューブタイプがいいかもしれませんね♪

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索