【特集ページ】過去に行った「FGノット関連」の実験・検証まとめ

Pocket
LINEで送る

DSCF0833[1]

おはようございます、しょうへいです。

いつもリクエストやコメントをありがとうございます♪貴重な情報源です。

ジギング魂ではこれまでいろいろな実験や検証を行ってきました。

なかでもFGノットはポピュラーなノットでありながら、十分な強度とキャスティングでもジギングでも使える汎用性が魅力で、いろいろな実験を行ってきました。

今回はこれまでにやったFGノットの実験や検証をザザッとまとめてみました。

FGノットは編みこみ回数を増やしても「強度が変わらない」を検証!?

DSCF0847

FGノットはリーダーにPEラインを編みこむのですが、編みこみの回数は何回が適切なのか!?

という実験をおこなってみました。

13回が良いという話や、10回が良いという話や、多くても強度はかわらないなど、いろいろな情報がありました。

いろいろ試してみた結果、締め込みがしっかりできていれば10回(上下10セット)以上は強度がかわないということがわかりました♪

噂の検証① FGノットは編みこみ回数を増やしても「強度が変わらない」を検証してみた


 

締め込みが中途半端な「FGノット」の強度を測定してみた!

DSCF0390[1]

締め込みができているなら、そう多い回数ではなくても強度が出るということは、逆に締め込みが甘いとどうなるのか!?という実験です。

結果はわかりきっているようなものでしたが、改めてFGノットにおける締め込みの重要性が確認できました。

また、試しに結んでわざと切ってみて、どこで切れるかを見ることで締め込みが十分かどうか確かめることができます。

締め込みが中途半端な「FGノット」の強度を測定してみた!


 

締め込みにワセリンを使うとやりやすい!?

DSCF1322[1]

では、締め込みが大切なら、ワセリンを使うと締め込みがしやすくなるのか!?といった無いようです。

実験では確かにワセリンを塗ると締め込みがしやすくなるようでした。

うまく締め込みが出来ない!というときにはいいかもしれませんね。

【リクエスト検証】FGノットに「ワセリン」を塗ると結束強度はどうなるのか検証してみた!

専用液もあります!オススメです!!

DSCF0830[1]

こちらはFGノットの専用液です。

締め込みがしやすくなるということは、ノットが安定すると言うことです。

何度結んでもノットが安定するオススメのアイテムです。

さすが専用のアイテムで、浸透しやすくすぐに揮発するのでほんとうにオススメです。

特に、太糸でのFGノットには必須かも!?

「PEラインしめる液」ってホントに効果あるの!? 実際に使ってみた!

 

FGノットの「焼きコブ」はどのくらい重要!?

DSCF1772[1]

FGノットのリーダーの末端に焼きコブを作って処理することがあるかと思います。

この焼きコブがどのくらい有効か実験してみました。

効果は絶大で、ほんの少しのことでも優位に立てるということがわかりました。

FGノットの「焼きコブ」は、どの位重要なのか!? 焼きコブありなしの強度実験をしてみました

1日使ったFGノットの強度は?

DSCF0427[1]

1回釣りに行って使ったFGノットをそのまま次の釣行にもってっても大丈夫か!?

という実験も行いました。

毎回ノットを結びなおすとPEラインがどんどん短くなりますもんね(笑)

気になる実験結果は・・・・・・?

1日使った「FGノット」はどのくらい強度が落ちているのか!? 強度実験してみた!

 

エアノットを防止するには!?

こちらは少し番外編です。

キャスティングのときに、FGノットのエンドノットを20cmくらい長くとることで、抜けがよくなりエアノットを防止できるのではないか!?という記事です。

この記事の後、いろいろな方が試してみてくれましたが、実際にエアノットは抑制されるそうです。

意外なことで防止できるみたいですね♪

FGノットのハーフヒッチを20cm取るとキャスティング時に抜けが良くなる!?

 

以上!FGノットのいろいろな実験をまとめてみました。

ノットは釣り人が手を出せる数少ない領域です。人によってこだわりなどもあるかと思います。これからも情報お待ちしております♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. こんにちは、コメントでリクエストを行えるのかわかりませんが投稿します

    今度GTのキャスティングを始めたいと思うのですが、現在持っているのはツナロッド、ヒラマサロッドのみでして、これはそのまま使えるのかな…と思いました。実際に話を聞くと兼用できるという人と、絶対無理!っていう人がいました。

    そこで以下のような疑問が生まれました
    『ジャンルの異なるキャスティングロッドの兼用をしている人はどのくらいいるのか』(例えばヒラマサにツナロッド、GT にヒラマサロッド、など)

    これってトリビアになりませんか?(笑)

  2. ノット系の検証でやって頂きたい事があるのですが。

    ファイヤーラインはコーティングのせいでPRではすっぽ抜けするなどの記事を目にしたことがあり、
    その他のコーティングされた張りのあるPEラインも一緒なのか気になっています。

    その記事には、ノットはFGやPR改?が良いと書かれていた気がしますが。。。

    実際にノーマルPRノットで大丈夫なのか、すっぽ抜けるのか検証して頂きたくコメントさせて頂きました。

  3. 毎日欠かさず楽しみに読ませてもらってます。
    FGノット特集という事で初めてコメントさせてもらいます。コメントと言うより質問ですが。
    ジギング歴は15年ぐらいになるのですが、ずっとノットはPRノットを使ってました。ここ2年ぐらいはライトジギングをすることが増えてFGを使うようになりました。細いラインはPRノットでてきるヨレが悪そうな気がしたからです。
    ・・・が、どうも強度が安定しません。
    一度0.8号とかで検証してもらえませんか?細いラインでのコツなどあれば教えていただきたいと思ってます。
    ちなみに0.8号、リーダーフロロ3号で2Lペットボトル2本を入れたトートバッグが持ち上がることもあるのですが、これでまぁイケてる方でしょうか?上手な人とどれくらい差があるのか知りたいと思ってます。

  4. ノットの検証を楽しく読ませていただいてます。
    なぜワクワクしてしまうんでしょうね。

    過去に他の方もコメントでリクエストされていたのですが
    VARIVAS TVで紹介されているリーダーのエンドノット3回バージョンの検証をお時間のあるときにお願いしたいです。
    これの強度が100%ならユニノット・バージョンよりも楽ができるのでうれしいのですが……。

    ご検討よろしくお願いします。

コメントは閉じられました