オフショアジギング&キャスティングのヨリモドシ(スイベル)の使用率と必要性

おはようございます。会長です。

最近、ちょっと気になっていることがありまして〜。それは、ジギング時やキャスティング時のスイベル(ヨリモドシ)の必要性です。

あんまり仕掛けがごちゃごちゃするのが嫌ですので、スイベルは使っていないのですが、先日マグロ関係のDVDを見ていたら、「マグロはクルクル回って上がってくるので、糸がヨレて切れやすくなるのでスイベルを付けたほうがいい」という内容がありました。

今日は、ちょっと前にとった「スイベルの使用率のアンケート」の結果の紹介と、スイベルの必要性を考えてみたいと思います。

Read more

サルカン結びの結束強度⑪ 「巻結び+ハーフヒッチ」は最強最速ノット?

DSCF1252[1]

おはようございます、しょうへいです。

以前、サルカン結び(金属パーツにショックリーダーを結ぶ方法)について強度テストを行ってきました。

イモムシノットが最強という結果になっていますが、最初にサルカンに結びつける方法を「巻き結び」にした場合(巻結び+ハーフヒッチ)の強度を測定してほしいというリクエストをいただきました。リクエストありがとうございます♪

「巻き結び」のほうがルアーが付いたままでも結びやすそうですので、イモムシノットと同じように結束強度100%が出るのであれば、こちらのほうが、結ぶのは速そうです。

それでは「最強最速ノット」求めて、レッツ!検証!

Read more

【保存版】カルティバST-66←→シャウトのシングルフックの「重量対応表」とフックの豆知識

おはようございます。会長です。

先日から、お届けしている「トッププラグのシングルフック化」についてですが、トッププラグに標準で装備されていたり、推奨されているOWNER社のトリプルフック(カルティバST-66)と、比較的に手に入れやすい、シャウト社のシングルフック(リングドクダコ・シングルクダコ・ダブルクダコ)の3シリーズの重量表を作りましたので、フックの豆知識も含めて、共有(シェア)します。

Read more

リーダー同士の結束(先糸)の強度⑤「トリプルサージェンスノット」+αで最高強度をマーク!?

DSCF1243[1]

おはようございます、しょうへいです。

私の住んでいる福井県では、どうも秋の青物ジギングがスタートしたようで、ワクワクしっぱなしです(笑)

さて、今回もリーダー同士の結束強度をテストしてみました。

前回の「サージェンスノット」の強度テストに引き続き、「トリプルサージェンスノット」のテストです。

ちょっと強度を出すコツを発見し、最高記録をマークしましたのでご期待ください♪

Read more

シングルフック化した「トッププラグの動きの変化」について検証してみた!

おはようございます。会長です。

昨日は、遠州灘にキハダマグロを狙いに行く予定でしたが、台風の為中止になりました。

時間が空いたので、近所の池でトッププラグのシングルフック化の調整と、動きの変化について実験してきました。

Read more

リーダー同士の結束(先糸)の強度④「サージェンスノット」の結束強度をテストしました!

DSCF1231[1]

おはようございます、しょうへいです。

シリーズでお送りしています「リーダー同士の結束強度テスト」の第4回です。

今回は、電車結びオルブライトノットブラッドノットに引き続き、リクエストの多かった「サージェンスノット」の強度をテストしてみました!

サージェンスノットとは!?

ところで、「サージェンスノット」を結ぶにあたって、間違いのないように改めてサージェンスノットのことを調べていましたところ、「サージェンスノット」と呼ばれる結び方にいくつかパターンがあることがわかりました。

img_sar_02

img_sar_03

(引用元:ツリキチドウメイ http://www.ff-f.jp/knot/cat53/post_1.php

今回は、こちらのようにメインラインにリーダーを巻きつけた後、もう一度リーダーにメインラインを巻きつける方法の結束強度を試します。

(詳しい結び方はリンク先をチェックしてみてください♪)

その他の「サージェンスノット」の結び方は次回試してみます!

DSCF1231[1]

このような感じで巻きつけていくだけなので簡単ですね♪

DSCF1237[1]

「サージェンスノット」の仕上がりの形はちょっと不思議な形です。

結んだものをドラグチェッカーに挟み、ラインを切れるまで引っ張ってどのくらいの強度があるかを測定しました。

今回の実験ではフロロカーボンの8号(30lb・13.6kg)と6号(22lb・10kg)を結束してみました。

それぞれのラインへの巻きつけ回数は4回ずつです。

「サージェンスノット」の結束強度テストの結果は!?

5回テストを行った結果がこちらです。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 8 80%
2 7 70%
3 7 70%
4 7.5 75%
5 7 70%
平均 7.3 73%

なかなかの結果がでました。

「電車結び57%」「オルブライトノット61%」より強く、「ブラッドノット」と同じくらいの結果が出ました。

少しバラツキが多いように思いますが、7kg(70%)くらいの力は毎回発揮してくれるようです。

次回は、この他の「サージェンスノット」を試して見たいと思います。

リーダー同士の結束強度100%目指して頑張ります!

 

リーダー同士の結束(先糸)の強度③「ブラットノット」の結束強度は!?

DSCF1214[1]

おはようございます、しょうへいです。

シリーズでお送りしています「リーダー同士の結束強度テスト」も第3回となりました。

今回は、電車結びオルブライトノットに引き続き、リクエストの多かった「ブラッドノット」の強度をテストしてみました!

いつも、ご意見・リクエストありがとうございます、とても参考になります。

では行ってみましょう!

Read more

まさにゴットフィンガー! 超高速でハーフヒッチが出来る「片手結び」

おはようございます。会長です。

この時点で、まだ何を書こうか決まっていない時が稀にあります。

まさに今日がその時です。。。

サイゼリアのワインが100円だからといって飲み過ぎてはイケマセンw

こんな時は、どうするかといいますと、ネタ帳を開いてですね〜 どれにしようか選ぶわけですよ。お笑い芸人もこんな感じでTV番組やステージに立っているんでしょうね。

ということで、決まりました!

先日、ジギング魂を御覧頂いている「修行中の外科医さん」から、コメント頂いた「外科医の片手結び」について、紹介したいと思います。

Read more

リーダー同士の結束(先糸)の強度② 「オルブライトノット」の結束強度はいかに!?

DSCF1206[1]

おはようございます、しょうへいです。

前回の「最強の先糸の結び方はどれだ!リーダー同士の結束強度① まずは王道の「電車結び」を測定してみた!

」で、沢山のコメントを頂き、ありがとうございます♪

今回は、コメントでご意見の多かった「オルブライトノット」のリーダー同士の結束強度をを試してみました。

果たして、リーダー同士の結束(先糸)の結び方として「オルブライトノット」は向いているのでしょうか!?

Read more

最強の先糸の結び方はどれだ!リーダー同士の結束強度① まずは王道の「電車結び」を測定してみた!

DSCF1203[1]

おはようございます。しょうへいです。

突然ですが「先糸」って付けてます?

青物ジギングでは付ける機会はありませんが、タチウオやサワラ、イソマグロなど歯の鋭いターゲットをジギングで狙う場合や、同じく歯の鋭い、マグロやGT(ロウニンアジ)などキャスティングで狙う場合も、リーダーの先に太いリーダー(先糸)を50cm程度付ける場合があります。

GTやマグロを狙われる方は、スリーブなどで結束される方も多いと思いますが、先糸の結束方法の最善の結び方(ノット)って一体何なんでしょうか?

まずは、王道?オーソドックスな結び方、「電車結び」の結束強度から調査してみました。

Read more